海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!
海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!

【使えるノウハウ!】海外のホテルのプールサイドを独り占め!背景に人を写りこませずに写真を撮るには!?シンガポールカールトンホテルの実例教えます。

シンガポール

【使えるノウハウ!】海外のホテルのプールサイドを独り占め!背景に人を写りこませずに写真を撮るには!?シンガポールカールトンホテルの実例教えます。


シンガポールのシティホール駅を出て
数分の所にカールトンホテルは位置して
います。

ホテルのロビーは広々としていて気持ち
よく、ホテルのクルーたちは特に
フレンドリーに思いました。

今回ホテルには3泊してきたのですが、
3日目にプールを堪能してきました。

しかも、一人っきりでプールサイドを
しばらく占有してきました!

これ、プールで自分の写真をとりたい
人とかにある悩みを解消する上で、と
ても役に立つ方法を使って成功した例
なので、書いてみることにしました。

どうしても他の人が背景に映り込んで
しまうことを避けにくいのが海外旅行
ですが、その中でもちょっとしたこと
で思い通りにいい写真をとれるスキルは
身に着けておきたいですよね。

さて、どうやってプールサイドを占有
できたかというと、それはちょっと
早めにプールに出かける、ということを
意図的にやってみたからです。

あれ!?それだけですか?と思うかも
しれないのですが、これはれっきとした
戦略に基づいてやると、効果を発揮します。

例えば今回の例では、あえて朝食の時間帯を
狙って繰り出す、というものです。

最初の数日間で人の流れ、動きを観察して
おくことも重要です。そして、撮りたい
場所でベストショットをとるために、穴場
の時間を狙うのです。

これは、ちょっとした観察と情報でうまく
いく例です。

そうなんです。


キーワードは「観察」と「現場の情報」です。


そのホテルや土地の人の流れの動きや、
時間帯によって変わる人の量をあらかじめ
観察しておくことは重要です。


ホテルでは朝食が優先になる人が多いので
朝方にはほとんど誰もプールを使っていま
せんでした。

それに、自分の場合は、足が少しつけられて、
さっぱりした気分を楽しめて、プールサイドで
楽しめたら十分!という立ち位置でしたので、
真夏の暑い太陽の下で泳ぎたい!という欲求は
ない状態でのトライでしたので、動きやすくも
ありました。

こうした自分の側の欲求の度合いもわかって
おくと、ストレスなく行動できることでしょう。

自分の場合は、「ちょっとした贅沢気分と、
きれいな写真がとれればOK!」という目的が
はっきりしていたので、何のためにやるのかを
明確にしていることが助けになりますね。

そして、実際の流れは以下の感じでした。

朝7時半にその日は目を覚ましたので、8時過ぎ
から水着に着替えて移動をしてプールサイドで
ゆっくりしました。

その時点で利用者はゼロ。

というわけで、予測通りいくらでも好きな写真を
撮ることができました。セルフィーにしても、
背景に人がいないので、本当に撮りやすいです。

贅沢な時間の楽しみ方については、子供用の浅い
プールもありますので、そこで歩いてみるだけで
も、涼しくなりますし、雰囲気を楽しめます。

あとはお気に入りの場所を見つけて、ゆっくりと
チェアーに横たわり、好きな本を読んだりする
だけです^^。

約1時間近くこのようにまったり、ゆっくりして
屋外の空気にふれ、すいこまれそうになる空を
見上げ、アジアの空気を堪能しました。


最初の30分は見事に誰も来ませんでした^^。

その後はパラパラと家族連れやガシガシ泳ぎ
たい人もきましたが、人数もすくない状態が
続きました。

こうして9時10分くらいまで贅沢な時間を
過ごしていたのですが、そこからは一気に
人が増えてきました。

流れが変わる時間帯に入ったわけです。

子供連れのママやパパが一緒にプールに
入ったり、子供たちのグループが深い方の
プールではしゃいだり。

朝食を済ませた人たちが一気に遊びに
繰り出してきたんですね。

その間、自分は逆にレストランに向かい
ました^^。

朝食は9:30までと聞いていたのですが、
これはラストオーダーが9:30ではなくレス
トランに入るのが9:30であればOKと聞いて
これもあえてそうしていました。

その間、めいいっぱい時間を有効活用
できますから^^。

皆さんも、レストランがあいている時間帯を
目にしたとしても、それで入れなくなり、
かつ食べられなくなるのか、実際は入場が
その時間までに必要という意味なのか、聞いて
おくと、行動計画がたてやすくてよいですよ^^。

人のうつりこみがない景色の写真をとっ
たり、プールサイドでの贅沢なひと時を
楽しむ上で有益情報となれば幸いです☆


旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう