海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!
海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!

【怖い人!?】憧れのラッフルズホテル。威嚇的なベルおじさんに突然話かけてみた結果!

シンガポール

【怖い人!?】憧れのラッフルズホテル。威嚇的なベルおじさんに突然話かけてみた結果!

出典 http://cieltrip.blog.jp/archives/1051158076.html


旅は道連れ。

どこへいっても仲間がいると楽しいのが
旅行です。

今回のシンガポール旅行では自分を含めて
4名で楽しんだのですが、このラッフルズ
ホテルに行った際は何故かちょうどそれぞ
れが個々に動く時間が生まれました。


1人は金融街を見に行くと別れ、残り三人
でラッフルズホテルを見に行ったのです
が、たまたま写真撮影にそれぞれが夢中に
なったというのが流れです。


その際、私は1人でフラフラとホテルの
入口に近寄っていき、真っ白い制服を着た
おじさま2人に目が行きました。


1人は車の様子を注意して見ていました。


もう1人は電話をさばいています。


立派な門の正面で勝手に入る人たちを
その怖いたたずまいでブロックしている
かのようです。


ちょっと怖かったのですが、写真を
撮りたかったので近づいてみました。


そして、「ちょっといいでしょうか、、」と
声をかけかけたものの、ジロリとにらまれ、
勝手に撮影してはいけなさそうな
空気を感じました。


しかしここでめげてはいけないと思い
ちょっとだけ写真をとっていいか聞いた所、
ちょうどまた電話がかかってきてしまい、
こちらの会話の途中で言葉を切り、
厳しい表情でこちらを制しました。


タイミングが悪かったことを残念に思い
ながらしばらく待ちましたが電話も終わら
ないため、離れようとした瞬間、
「今ならいいよ」と声をかけてくれたので、
後ろを振り向くと


すると、さりげなく(&実はしっかり)
ポーズをとってくれていました!!!


ポーズといっても仕事中ですからしっかり
勤務中です!といったポーズなのですが、
こちらが写真を撮影したいと思っていた
ことをちゃんと理解してくれていたのでした。


ただただ怖い表情で人をつきかえす
ばかりではなく、ちゃんとサービスも
してくれるのがラッフルズホテルの
ベルおじさん!実はいい人でした。


こうした人たちがいてくれて、有名な
ラッフルズホテルのハイティーやアフ
タヌーンティーも平和に楽しく過ごせ
ているのかもしれませんね。


そんな一コマを切り取ったお話し
でした。


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法