海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!
海外旅行はコノ1冊があれば大丈夫!

【旅の思い出】神戸六甲山の1000万ドルの夜景を楽しむために行ってはいけない季節とは?

日本国内

【旅の思い出】神戸六甲山の1000万ドルの夜景を楽しむために行ってはいけない季節とは?

神戸の六甲山に登ると、夜景がとてもきれいに見える
スポットがいくつかあります。


ですが、そこは山の中だったりわかりづらい所だったり
するので、どこからでもよいという設定にし、ただし
いつがきれいなのか、といったタイミングについて
お話をしたいと思います。


まず、感動を求めるなら、、、、、


実を言うと、8月のお盆は避けた方がよいと言われています。
時期的には訪問しやすいのですが、その理由は、
光の性質が変わるからです。


どういうことかというと、通常空気中にはいろんな粒子が
飛んでいて、それはほこりも含みます。ほこりがあると
何が起こるかというと、光が届くのを遮断することがあり
それがいわゆる光がまたたくように、キラキラする、と
いうことにつながります。

このゆらぎがとても美しいのす。

ではなぜお盆の時期をはずしたほうがいいかというと、
お盆は工場が一斉に止まるのです。空気的にはとても澄
んでいて、きれいなのですが、いまいち味気なくなると
いうデメリットがあります。


そうなんです。


すごくきれいに明確に見えているはずなのに、なぜだか
感動に至らない、というものです。やはり光はキラキラ
しているからこそ美しいとも言えます。


キラキラがない状態の夜景がどうなるかというと、人が
まぶたを閉じずにパキーンと固まって、目があけっぱ
なしになっているようなイメージです。


はりついてしまって、動きがあまりません。


もちろんそれでもきれいな夜景だ、という人は大勢いるので
あとは皆さんの選択次第ですが、光のあたたかさなどがあまり
感じられず、ただただシャープではりついているような
イメージになることはある、と知ったうえで、大切な人と
夜景の時間を楽しんでもらえたらと、思います。

よい時間をお過ごしください。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ